2015年07月01日

またまたお久しぶりです

皆さま、ご無沙汰しております。
前回の記事より1年と数か月経っての更新です。

更新するにはわけがあります。
Twitterを通じて知り合った女性と先日初めてお会いする機会があったのですが
なんとその方の御子息が双極2型障害だということ。
(うすうす何かに感づいてはいましたが。)
そのためこのブログを紹介しますよ、ということになり
久しぶりに更新してみようと思った次第です。

その方(M子さんと呼びます)には最初から時系列に読んでいただくのが一番よいと
思っていますが、それにしても今現在の私の状況とあまりに違うのに驚くでしょう。

現在の私はこんな感じです。
年も40代になりました。

昨年1回り半近く年下の男性と結婚しました(私は再婚になります)。
彼は100%とはいいませんが私の病状のことを理解し、また
調子が悪いときの粗暴な振る舞いにも耐えてくれる忍耐力包容力があります。
神田橋先生のお言葉に、患者の自助の力を支える“抱えの場”というものが
患者の周りに存在する、とコツ3部作のおそらく精神科養生のコツにあるのですが
彼はまさにその“抱えの場”そのものであると思います。
主治医がまずそう見抜いていました。
年も若くやっと社会人になったばかりで教養も乏しく一般的には“頼りない人”ですが
私のパートナーとしては本当にがんばってやっていると思います。

仕事ですが、H診療所の副所長としての務めはまっとうしています。
月に1度ほど軽いうつは来ますが丸々休むことはなくなりました。
昨年10月より気分安定薬が変わり主治医曰く「良い意味で鈍になった」そうで
初めてリラックスができるようになり、悩まされていた腰痛もなくなり
仕事に集中することができるようになりました。
何より「鈍になった」おかげで睡眠薬を飲まずに眠れるようになりました!
睡眠薬では、ODしたり夢遊病のような副作用で火の不始末や調理で手を切ったり
危険を感じていましたので、やめられたことは本当に喜ばしいことです。
その代わり朝がなかなか起きられなくなり、いつも遅刻ギリギリ、とくに
毎週明けは調子が悪いので、月曜午前の遅刻率の高さはちょっと問題なのですが
他でカバーしているということで目をつぶってもらっているというか、
申し訳ないと思いつつ甘えさせてもらっています。
その他にも法人から頼まれた仕事などもこなし、
また、月に2〜3度の別のクリニックでの診療も続いています。

この、薬が変わったことには神田橋先生に学会でお会いして
例によって呪文のようなおまじないのようなもので薬を決められたのですが笑
主治医は今回も「それはありがたい」と快く神田橋先生の提案を受け入れました。
結果は大吉です。

主治医のもとへの通院は3週間に1回続けています。
新幹線を使いさらに在来線を使い片道3時間半ほどかかり交通費も要りますが
私にとってはやはりこれがベストの方法だと思い続けています。
主治医への通院は可能な限り続けていきたいです。


もともと私はどこかで「躁鬱病者でもちゃんと仕事ができると証明したい」
「躁鬱病者でもちゃんと結婚生活が成り立つと証明したい」と思っていました。
今のところこの両者はできていると思います。
あとは「躁鬱病者でも子どもを産み育てたい」という願望があります。
これについてはもう私も高齢になりましたので
別の意味で難しいことかもしれませんが、現在不妊治療を受けております。
こちらについてもおかげさまでいろいろと勉強させていただき、
医師としての自分にもプラスになりましたし
職場の理解もあり、通院にも協力的であまりストレスなく受ける事が出来ております。

私は躁鬱病者ではありますが、以前にも書いたように
「躁鬱病者の私」から「ただの私」へと主体が変化しております。
躁鬱病は個性ととらえ、困ることもあるけどこれが私だからしょうがないよね、と。

M子さんにはこのブログを最初から読んでいただくことになると思うのですが
とにかく量が多いし、昔の記事はほんとヘビィですね。
でもあれは真実でした。
私自身が別人になったわけではなく、あのときの私も今の私も同じ私。
生き延びるために必死でもがき苦しみ
じたばたしてひたすらその1日を生きていました。
そうしていろいろな経験を積み、今の私へ進化したのだと思っています。
そしてこれからもまだまだ、進化していこうとチャレンジし続ける毎日です。

では、とりあえず今日はこの辺で。


ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 12:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

元気です

みなさま、お久しぶりです。

最後の記事の更新から2年経ってしまいました。
あの頃このブログを読んでくださっていた方々はどうされているでしょう。
時々コメントをいただいていましたね、ありがとうございました。
個人的に「あの方はどうしているかしら?」と思う方がたくさんいます。
コメントへのお返事のつもりでこの記事を書きますが
もう届かないかもしれないですね。

みなさまのご想像どおり、状態は大変良くなりました。
もうこのブログで日々の葛藤を書かなくてもよいようになったようです。

仕事はそこそこ順調です。
メインのH診療所の仕事は安定しています。
相変わらず(というか、むしろ頻度は増えた)月1〜2回、1〜2日の鬱は来ます。
そのたび突発的に仕事を休むので、心苦しいです。
ただ、そのような自分も受け容れて、職場の方々の理解に感謝しています。
月に2回ほどは別クリニックでのバイトもコンスタントに行うようになりました。

鬱のときの状態も変化しました。
以前は動けず何もできない身体症状に加えて
強い希死念慮、どうしようもない孤独感、耐え難い自己評価の低さ
の3つの精神症状に苦しめられていました。
ベッドに寝ている間つらく、シーツを掻きむしり、とうとう破れてしまったほどです。
ところが今は、これらの精神症状が全くなくなりました。
相変わらずしんどくて動けず何もできませんが、その状態でひたすら寝ています。
ひたすら寝て、2日も経てば過ぎるや堪えよう、と思ってひたすら寝ているだけです。

実はここ半年ぐらい、身体的に体調を崩してその結果精神面でも危うくなり
(身体面の背景には間違いなく精神面の問題があると思います)
仕事面で危機的な状況になったこともあったのですが、
本当に周囲の人々に支えられてなんとか切り抜け、現在に至ります。

主治医への受診は、3週間ごとにコンスタントに続けております。
大変遠方であり交通費もかかりますが、その労力やコストを考慮しても
通い続ける価値があると思っています。
よほど困難な状況にならない限り、このまま通院を続けるつもりです。
日々の詳細な記録として、バイポーラ手帳はきっちり続けています。

今は時々の鬱と付き合いながらおおむね“普通”であり
たまに外界の刺激を受け(今回のオリンピックとか笑)軽躁になり、
軽躁が来ると残念ながらそのあとには鬱が来る、というリズムです。
鬱のときは仕事を1日も休まないようにはなかなかできないので
本当に職場のみなさん(特に代診してくださる医師)には申し訳ないのですが。

プライベートでも大きな変化がありました。
具体的には書きませんが、新たな出会いに恵まれ友人はさらに増えました。
友人たちに、少しずつ自分の病について
カミングアウトすることができるようになりました。
また、病気を理解し、今後一生そばで支えてくれる人もできました。
本当に不思議なご縁です。
両親、主治医とも心から喜んでくれています。

こうやって書くと良いことばかりになってしまうようですが、
人生を大きな目で見ると、こちらに来てからの3年は
ずっと軽躁が続いているのだと思います。
当然そのあとには鬱の時代も来るでしょう。
プライベートも浮き沈みするでしょうし、良い事ばかりだけではないと思います。
だけどそのたび苦しんだり喜んだりしながら、
自分にできることをコツコツやっていきます。

あらためて振り返っても、この病は私の師であり宝です。
本当にたくさんのことを与え、私を豊かにしてくれました。
病に感謝しています。
前も書きましたが、もし今、発病前に戻ってどちらの人生を歩むか、と問われれば、
本当につらいことでしたが、やはりこちらの道を選ぶと思います。

このブログは私の生きた記録です。
もう今は、このような文章は書けません。
大切に残したいと思います。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 13:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ありがとうございます

コメント、ありがとうございます。
嬉しいです。


ブログをやめてしまったわけではないのですが
まあ実際はやめてしまった、というに等しいというか
もう書く必要がなくなったのかもしれません。


10月のセカンドステージ宣言以降、しばらく休まないぞと頑張っていましたが
1月にけっこう重いうつが来ました。
なんとか遅刻・早退を組み合わせて
少しでも自分の仕事に穴が開かないようにしましたが。

先週も少し調子が悪く、遅刻したりお休みしたりしました。
朝しんどい時はタクシーを使って出勤したりもします。


セカンドステージ宣言以降、明らかに変わったのは、自分の意識です。
それ以前は、まずベースに「病気の私、バイポーラーの私」があり
その上に仕事やプライベートが成り立っていました。
それが、主従逆転したというのか、今では
まず「私、この私」があり、その中に
仕事やプライベートと同様に、バイポーラーも混じっています。
一時期調子が良い時期が続いていたときに
「もう病気だということを忘れそうになっています」
と主治医に話したら、「それは危険です」とビシッと釘を刺されましたので
病気を忘れることはありません。
ただ、他のものと混在していて、自然にそこにある、という感じです。

自己表現の場は、もっぱらツイッターになっています。
完全にプライベート用で、日ごろの普通のつぶやき、観に行った芸術のこと、
作った料理のことなどを、気ままに。
そう、今年の目標は“料理”として、かなり真剣にやっています。
これも療養にはよさそうですが、治療のためとは思わず、楽しいのでやっています。

芸術への興味はさらに広がり、受診が3週間隔になったこともあり
やっと東京をベースに、週末はどっぷりアート三昧しています。
いろんな面白いネタを仕入れるのもツイッターです。


気分の状態は、時々数日来るうつ期以外は、完全に“普通”です。
軽躁はまったくありません。
芸術に触れれば気分は高揚しますが、“普通”の高揚であり、“普通”の多幸感です。
もうつけていませんが、10段階評価にすれば、普段はずっと8点くらいで
1〜2か月に1度の数日のうつのときだけ下がる、という感じです。
相変わらずうつは苦しいですが、そういえば最近“がっかり”感は少なくなりました。


数年先のことはわかりませんが、しばらくは
こんな感じで仕事もプライベートも適度にこなし楽しみながら
時々はうつで寝込んだり苦しんだりしながら、やっていくと思います。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 10:29| Comment(14) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

セカンドステージ

先ほどボスと話していて
組織での自分の役割は何かと問うたところ、この答えだった。

「休まないこと。それをPriorityにしてください。」
「自己コントロールを何とか見つけて。
 プレッシャーをかけるようだけど、
 管理者的にはいつでも休んでいいとは言えない。」

H診療所での診療を休まず行うこと。
研修医の相談に乗ること。

それだけでよい。
それが私の仕事。



折しも、つい先日の土曜日の受診の際
主治医とこんな会話をしたばかりだった。



最近もうつで診療所を休むことがあったのだが
このうつは前回に続き、とても軽かった。
体のほうはだるいが、精神的にはとても楽で
希死念慮もなく、1日中寝ているとはいえ楽に過ごせた。

「こんなに軽くて休んでしまうのが申し訳なかったのですけど・・・
 そのうちなんとか休まずにいられるようにならないかなと期待します。」
こう言う私に、主治医は答えた。

「休んでもよいときには休んだらよいです。
 休めない仕事ぶりになったら休まないようにすれば。
 そのうち休めないようなポジションに立たされて、
 なんだかんだとごまかしながらやっていくようになりますよ。」




このわずか3日後、ボスからの「休まないで」との言葉。
そろそろそういう時期が来たということか。

武者震いがする。
セカンドステージに向けて、頑張ろう。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 18:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

試しにしばらく

20時半になったらネットOFF
21時半になったら入浴

という目標をたててみる。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。