2020年12月31日

2020年

先ほど紅白が始まりました。
今年は本当に大変な年になってしまいましたね。


私にとっては良い意味で忘れられない年になりました。
6月に無事第一子を出産いたしました。
念願の我が子を抱き、心から幸せです。
先ほど寝かしつけを済ませ、今はスヤスヤと寝ております。
先日生後6ヶ月になりました。
お乳をよく飲みよく寝てニコニコと笑う、とても可愛い子です。

以前も書きましたが、私はずっと
「躁鬱病者でもちゃんと仕事ができると証明したい」
「躁鬱病者でもちゃんと結婚生活が成り立つと証明したい」
「躁鬱病者でも子どもを産み育てたい」
と思っていました。
子育てはこれからまだまだ長く続きますが
まず第一歩を踏み出すことができたと思います。


そして驚くべきことですが、なんと病人を卒業しました。
ADHD/ASDで私と一緒に同じ主治医のもとに通院していた夫ですが
どうも発達障害では合わないなと思う出来事がいくつもあり
発達障害ではなく統合失調症だったのではないかという判断に至りました。
この診断を受けて、主治医から「病人の椅子を明け渡しましょう」と言われました。
家族に病人が2人いることはよくない、もう私は病人を卒業できると。
今後は内服は続けるものの通院はせず、夫を支える家族という立場になります。
子にとってもそのほうがよいのでしょう。

このことは本当に驚きで、私も主治医も、突然の展開を想像もしていませんでした。
ですが主治医は、これは私が病人を卒業できるチャンスであると。
考えようによっては、夫は私と出会い、私の傍にいることで
私自身の病気を治してくれたのかもしれません。
これからは私が夫と子を支え守っていきます。



このコロナ禍で、世の中はまったく変わってしまいました。
ですが2020年は、私にとっては本当に素晴らしい年になりました。
2021年からも毎日は続きます。
死ぬまで私の人生は続いていくのだと思います。
1日1日を大切に、生きていきたいと思います。




ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


【関連する記事】
posted by きらきらちょうちょ at 20:18| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。