2014年02月23日

元気です

みなさま、お久しぶりです。

最後の記事の更新から2年経ってしまいました。
あの頃このブログを読んでくださっていた方々はどうされているでしょう。
時々コメントをいただいていましたね、ありがとうございました。
個人的に「あの方はどうしているかしら?」と思う方がたくさんいます。
コメントへのお返事のつもりでこの記事を書きますが
もう届かないかもしれないですね。

みなさまのご想像どおり、状態は大変良くなりました。
もうこのブログで日々の葛藤を書かなくてもよいようになったようです。

仕事はそこそこ順調です。
メインのH診療所の仕事は安定しています。
相変わらず(というか、むしろ頻度は増えた)月1〜2回、1〜2日の鬱は来ます。
そのたび突発的に仕事を休むので、心苦しいです。
ただ、そのような自分も受け容れて、職場の方々の理解に感謝しています。
月に2回ほどは別クリニックでのバイトもコンスタントに行うようになりました。

鬱のときの状態も変化しました。
以前は動けず何もできない身体症状に加えて
強い希死念慮、どうしようもない孤独感、耐え難い自己評価の低さ
の3つの精神症状に苦しめられていました。
ベッドに寝ている間つらく、シーツを掻きむしり、とうとう破れてしまったほどです。
ところが今は、これらの精神症状が全くなくなりました。
相変わらずしんどくて動けず何もできませんが、その状態でひたすら寝ています。
ひたすら寝て、2日も経てば過ぎるや堪えよう、と思ってひたすら寝ているだけです。

実はここ半年ぐらい、身体的に体調を崩してその結果精神面でも危うくなり
(身体面の背景には間違いなく精神面の問題があると思います)
仕事面で危機的な状況になったこともあったのですが、
本当に周囲の人々に支えられてなんとか切り抜け、現在に至ります。

主治医への受診は、3週間ごとにコンスタントに続けております。
大変遠方であり交通費もかかりますが、その労力やコストを考慮しても
通い続ける価値があると思っています。
よほど困難な状況にならない限り、このまま通院を続けるつもりです。
日々の詳細な記録として、バイポーラ手帳はきっちり続けています。

今は時々の鬱と付き合いながらおおむね“普通”であり
たまに外界の刺激を受け(今回のオリンピックとか笑)軽躁になり、
軽躁が来ると残念ながらそのあとには鬱が来る、というリズムです。
鬱のときは仕事を1日も休まないようにはなかなかできないので
本当に職場のみなさん(特に代診してくださる医師)には申し訳ないのですが。

プライベートでも大きな変化がありました。
具体的には書きませんが、新たな出会いに恵まれ友人はさらに増えました。
友人たちに、少しずつ自分の病について
カミングアウトすることができるようになりました。
また、病気を理解し、今後一生そばで支えてくれる人もできました。
本当に不思議なご縁です。
両親、主治医とも心から喜んでくれています。

こうやって書くと良いことばかりになってしまうようですが、
人生を大きな目で見ると、こちらに来てからの3年は
ずっと軽躁が続いているのだと思います。
当然そのあとには鬱の時代も来るでしょう。
プライベートも浮き沈みするでしょうし、良い事ばかりだけではないと思います。
だけどそのたび苦しんだり喜んだりしながら、
自分にできることをコツコツやっていきます。

あらためて振り返っても、この病は私の師であり宝です。
本当にたくさんのことを与え、私を豊かにしてくれました。
病に感謝しています。
前も書きましたが、もし今、発病前に戻ってどちらの人生を歩むか、と問われれば、
本当につらいことでしたが、やはりこちらの道を選ぶと思います。

このブログは私の生きた記録です。
もう今は、このような文章は書けません。
大切に残したいと思います。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 13:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お元気そうではげみになりました。

以前、一度だけツイッターでリプしたことのあるAHを学んでいるものです。
ツイッターは止めてしまったので、最近のことは知りませんでした。
たまたま、こちらに来てみたら、近況が書かれていたのでビックリするやら嬉しいやら・・・

病を持っていても、いろいろなことを経て、このように素敵な人生が送れるという事を、教えてくださってありがとうございます。
これからも、時々近況を書き込んでください。
待っています。
Posted by 梅ちゃん at 2014年02月25日 21:48
おひさしぶりです。

また会えて良かったです。
Posted by aozorasiroikumo at 2014年02月28日 22:28
こんばんは。コメントするのは初めてかも知れません。一度ぐらいコメントしていたかもしれません。

ブログはいつも読んでいました。自分はBP1です。

ブログを止められたときには、間違いなく前向きな方向でしたので、安心していました。また、今回の文章を読んで、さらに前に前に進まれているのだな。と感じ嬉しく感じています。

この病を師であり宝である。そこまで思える方はとても少ないと思います。
自分も悩み、今は共存していますが、この病気があるから今の自分はある。とは思えますが、そこまでポジティブにはとらえられません。

すごいな。と思います。
これからも頑張ってください。肩の力は抜いて。

僕も頑張ります。


Posted by てらorてらもっち at 2014年03月01日 22:53
はじめまして。双極性障害T型当事者、病歴24年。任意入院3回。双極性障害の当時者会である「NPO法人ノーチラス会」理事。本職、元毎日新聞記者で、フリージャーナリストです。
一点、ものすごく共感できる点がありました。遠方で交通費もかかりながら、通院しているとのこと。私も一緒です。

それと、カミングアウトしているとのこと。うらやましいです。

医師でありながら、慢性疾患患者でいらしゃるわけですので、大変なご苦労があると思います。どうか、無理をせず、体調管理に万全を期してください。
Posted by 熱海芳弘 at 2014年03月09日 07:36
はじめまして。
Posted by 熱海芳弘 at 2014年03月09日 22:55
以前ブログを読ませていただいていましたが、中断されて残念に思っていました。
たまたまブログランキングを見たら再度発信されていましたので
嬉しくなりました。
今後も是非継続してくださいね。
Posted by 捨吉(*^_^*) at 2014年03月13日 20:53
久方ぶりに覗いたら更新されていて、おどろきました。

わたしも、双極性障害の2型です。

働きながら双極性障害と、付き合う、、
救われることも多いブログでした。

これからも、それなりに無理なく、ま、無理してしまうのですが、、
いきていきましょう
Posted by みゆき at 2014年08月31日 19:49
きらきらちょうちょ さま

>あらためて振り返っても、この病は私の師であり宝です。
>本当にたくさんのことを与え、私を豊かにしてくれました。
>病に感謝しています。
>前も書きましたが、もし今、発病前に戻ってどちらの人生を歩むか、と問われれば、
>本当につらいことでしたが、やはりこちらの道を選ぶと思います。

こーいうふうに思えるようになれて、ほんっっと、良かったですねー!!

こういうふうに思えるようになると、病が卒業へ向かうのか、病が卒業へ向かうと、こういうふうに思えるようになるのか。きっと両方なでしょうね。そして、病が、その意味を、成した、ということなんでしょうね。


>プライベートも浮き沈みするでしょうし、良い事ばかりだけではないと思います。
>だけどそのたび苦しんだり喜んだりしながら、
>自分にできることをコツコツやっていきます。

浮き沈みがあるほうが、しなやかで、強い、と連想しました。
ええ、「そのたびに苦しんだり喜んだりしながら」。
どちらも、きらきらしている、っていう見方に、きっとなられたんだろうなと、感じました。


>病気を理解し、今後一生そばで支えてくれる人もできました。

わぁ! 良かったですね〜!!

きっとそれも、病を得たからこそ立ち戻った本来の自分、という輪郭が顕れてこその、出会いだったのでしょうね。きっと、間違いのない、フィットになったことと、存じます。


久しぶりにうかがったら素敵な記事が更新されており、嬉しくて、勝手な想像を含めコメントしてしまいました。

病のブログからは遠ざかるご様子ですが、きっと病の経験を活かして、お仕事に、プライベートに、充実した今後を送られることを、お祈りいたします☆
Posted by 明風 at 2014年12月01日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。