2011年10月07日

うつと二日酔い

以前東京女子医大の坂元薫先生(←男性)の講演を聞いて
「うつの症状は、二日酔いのあの
 頭が重くて体も動かなくてのどまでおえーっと上がってきて
 なんともならない、あの感じが、酒も飲んでいないのに毎日起こること」
という説明に、とても納得したものだ。
二日酔いに例えられるのはちょっとイメージが悪くなるかもしれないが
とにかくあの全身だるくて動けなくて吐きそうで何もできないあの感じが
上手く表現できていると思った。
そんなものが毎朝来ては、当然仕事もできない。
やる気も起きず、寝ているしかできない。
(幸い私のうつは1日半くらいで治まるので、2日ほど休めば凌げるのだが)

今朝の私は、うつではなく、二日酔いのほうだった。
昨日友人と飲みに行き、久しぶりに飲み過ぎてしまった。
坂本先生の話を思い出して
「ああ、うつとまるで一緒!」としみじみ思った。
ただ、うつの症状は、身体面での症状(二日酔いで例えられる)以外に
希死念慮、罪悪感、将来への希望が持てない、など
精神面での症状もある。
こちらは二日酔いには全くないもの。


とにかく、今日は1日しんどい日だった。
ようやく回復してきたところ。
やれやれ。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつも大変参考に読ませていただいてます。
坂本薫先生、この間からテレビでお見かけしてました。
私の気持ちを代弁するようなことをおっしゃっていたので好意を持っていたところです。
またまたここでもそんな名言に(笑)出会うとは!

私は今、鬱真っ盛りなのでまさに二日酔いのような感じです。精神状態はきらきらちょうちょさんのおっしゃるとおりですが。
この何ともいえない鬱状態をを代弁して下さる人が2人もいるというのは嬉しいことです。

きらきらちょうちょさんは二日酔い、お大事になさって下さいね。
突然、失礼いたしました。
Posted by coron at 2011年10月08日 00:04
coronさん

コメントありがとうございます。

坂元先生は一度講演を聞いただけですが
非常に共感できる内容で、良い臨床医でもあると思いました。
(今気づきましたが坂“元”のようです。)
非常に大切な概念として、「レジリアンス」という言葉を聞きました。
レジリアンスは家族や環境によって育つ、
脳の中にレジリアンスを育てる物質も増えるに違いない、と。
またいつか記事にしたいと思います。
Posted by きらきらちょうちょ at 2011年10月12日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。