2011年07月07日

「さようなら」について

先日書いた記事「さようなら」のアクセスが大変多い。
http://bp2.seesaa.net/article/213245842.html

やはりみな、心に響くものがあるのだろうか。


最初にこの歌を聞いたのは、矢野顕子のアルバム
「Home Girl Journey」でだった。
題名も歌詞もわからず聞いていて、とにかく泣ける曲が2曲あった。
それが「赤いクーペ」と「さようなら」。
あとで見たら、両方とも詩は俊太郎さんだった。


この「Home Girl Journey」はカバー曲が多く
Diva(俊太郎さんの息子賢作さんのバンド、俊太郎さんの詩を歌う)だけでなく
SMAPや槇原敬之、奥田民生など、多彩な顔触れの曲が揃っている。
どの曲も素晴らしい。



興味のある人は良かったらぜひ一度聞いてみてください。







ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。