2011年01月20日

ゾーエー/無限なるいのち

最近ずっと考えていたことがあった。

少し前、調子が悪いときに
一生懸命「同行二人」をイメージしたところ
それは主治医との関係だけでではなく、両親についても
同じようなことがいえると思った。
http://bp2.seesaa.net/article/180359266.html

そしてコメントくださった方とのやり取りを経て、
さらに深く考えるに至った。


私は両親の子供だ。
自立しているとかしていないとかそういう問題ではなく、
死ぬまで一生両親の子供だ。
そして、この絆は確固たるもので
何があっても壊れることはない。
私は安心してここにいることができる。
両親はいつでも私の傍らにいる。

また当たり前のことだが、両親は私より先に死ぬ。
目の前からいなくなる。
だけど決していなくならない。
私の中に居続けるだろう。


そういうイメージができたら、とても穏やかになった。
怖くなくなった。

今度両親に会ったら、真面目にこの話をしようと思っていた。
あなた方のおかげで私は今ここに在り、生きていられるのです。
本当にありがとう、感謝している、と。



今日もこの両親とのこの関係についてぼんやり考えていたところ、
急に「無限なるいのち」という言葉が脳裏に浮かんだ。
両親から私へ、脈々と受け継がれてきたもの。

ふと、思い出した。
それはまったく「ゾーエー」そのものではないか。


「ゾーエー」とは、著名な精神科医木村敏先生の講演録に出てきた言葉だ。
以前主治医よりもらって読んだ。
かいつまんで説明することなどとてもできないが
以前の記事に簡単に触れてあるので抜き書きしておく。
http://bp2.seesaa.net/article/125370726.html



この少し前、1月中旬に、私は主治医からある論文をもらっていた。
木村敏先生の日本精神病理学会第16回大会特別講演
「自己の病理を求めて―回顧と展望」。
(臨床精神病理第15巻1号1994年4月)
主治医によると、木村敏先生の論文はどれも難解で消化不良を起こしていたが
これはとても読みやすく、素晴らしい内容なので、ぜひあなたにも読んでほしい、と。
ポイントは「ビオスとゾーエー」だった。
これらをここで説明するのは困難なのだが、簡単に言うと
どちらも命を指すギリシャ語なのだが、わざわざ2つあるのにはわけがあり
ビオスは個体の命、生き物として死ねばそこで終わる命、有限の命。
それに対してゾーエーは無限の命。
脈々と受け継がれ、個を超え個を包み守る命の泉。

主治医は診療にこのゾーエーを活用したいと思っていた。
患者がこのゾーエーを感じ、ゾーエーに包まれるような環境を、と。




主治医との、そして両親との同行二人をイメージするうちに
私はこのゾーエーに包まれるような心境に至ったようだ。
これが、最近感じていた「何かを悟ったような気分」の本質だったかもしれない。



ゾーエー、無限なるいのちの泉に満たされて
私はいま生きている。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前の記事(200908)を読みにいきました。

2009年2月には「ゾーエー」にとりつかれたことがきっかけでうつになったこと。「永遠の命は、裏返せば死でもある」と書いておられました。

しかし今回は、ゾーエーを感じることで安らかになり、励まされているのですね。すごいなー。

私はそういう「実感」(あるいは実認識?)は(まだ)できないけれど、命のつながりのなかにある自分をほんとに感じることができれば、救われるだろうな、死に対してもずいぶん楽になるだろうな、と想像することはできそうです。

きらきらちょうちょさんは、悟りへのステップを一つ上ったのかもしれませんね。でも、あまり速く、先まで行かないでくださいね。




Posted by バイポーラーS at 2011年01月21日 21:15
バイポーラーSさん

コメントありがとうございます。

今回はゾーエーはプラスに働いているようです。

命と死は表裏一体、同じものを指しているように思いますね。

そんなにスピードアップはしていませんよ。
安心してください^−^
Posted by きらきらちょうちょ at 2011年01月22日 00:02
命:ゾーエ ミトコンドリア・トリソミーでは、数人の母に[たどり着く」らしいです。そんなんで、一緒に、皆・・・
知り合いでいたかもしれません。気候が、人種の骨格を、もたらしたのであり、蒙古人種同志でも、文化や習慣は、さまざまです。高橋竹山さんは、行き倒れを、救われ「ズナコム」を、知られたと言います。ロシア語の友達・・・。
「アサンテサーナ」スワヒリ語のありがとう。
「リーブロイ」エスペラント語の本。
「エロス」「アガペー」「フィリア」ギリシャ語の愛。
それは、4つあるんですが、1つ忘れました。
LOVEを、訳す時、概念がなくて、愛は、「こころ」と
「受ける」と言う字で、創ったと聞いたんですけれど・・・
国字も、いいものだなと思います。
タナトスばかり、思うこともありました。生きる命でいたいものです。
Posted by ペイラックのジョフレ at 2011年01月28日 14:20
ペイラックのジョフレさん

コメントありがとうございます。

私は、母だけじゃなくて、父からも
何かを受け継いでいると感じています。

>愛は、「こころ」と「受ける」
いいですね!

私もタナトゥスに支配されていた時期もありましたけど
エロスがタナトゥスに負けませんでした。
Posted by きらきらちょうちょ at 2011年02月01日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。