2011年01月13日

悲哀反応

このところ調子が悪い。
なんとなく気分が上がらない。

自分なりに原因を考えてみて、やはり叔父のことが影響していると思った。

先日会った叔父は、すぐとは言わないが
そう遠くないうちに死に行く人のように思われた。
若くして死ななくはいけない叔父の無念さ、残された家族の辛さ、
私の母(叔父の姉)や祖母(叔父の母)の悲しみを思うと
胸が押し潰されそうだ。

例え私が医者で、他の職業より死に慣れているとはいえ、
悲しいものは悲しいのだ。


今の自分の状態はきっと、悲哀反応なのだと思う。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリーフ・ケア受けてくださいね。お忙しいですけど。
凄い喪失ですから、体にも、来てしまうんだろうから。
お大事に。
Posted by ペイラックのジョフレ at 2011年01月15日 08:36
ペイラックのジョフレさん

コメントありがとうございます。

1週間の間、撮ってきた叔父の写真を眺めたり
祖母や母の気持ちを考えたりして
今は落ち着いてきました。
私よりもっと悲しむ人がいるのですから
私がその人たちのケアをしないとなあ、と思います。
Posted by きらきらちょうちょ at 2011年01月16日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。