2010年11月25日

木曜日の午後

今日は午後が半日あいている日だった。

午前の外来は患者数が多くて少し疲れた。
13時半ごろ終わり、さて午後をどう過ごそうと
とりあえず家に帰ってきた。

朝の時点では「昼寝」も選択肢に入っていたが
やっぱりもったいなくなってやめた。
予定通り、以前観に行ったら混んでいて諦めた
国立新美術館で開催中のゴッホ展を観に行くことにした。

会場は多くの人で賑わっていたが
さすが平日だけあって、それなりに満足して観ることができた。
日曜日には油絵を描きに絵画教室に行く予定なので
その時のイメージもどんどん膨らんだ。

今朝は夢見が悪く、嫌な気分で早朝覚醒していたのだが
午後のこの時間は、良い芸術療法になったようだ。


そういえばゴッホも精神を病んだ人だったな。

子供のころのゴッホの印象といえば
「ゴーギャンにふられて気が狂ってピストル自殺した画家」
(↑表現に不適切な面があるのを敢えて書きました)
という酷いものだったのだが、芸術が好きになって
いろいろ学ぶにつれて、そんなイメージは間違いだったと知った。
さらに最近では
「はて、彼は“病人”だった、という必要もないんではないかな?」
とすら思っている。

彼は彼で、彼にしかない仕事をし、一生懸命生きた。
それでよいではないか。


ただし、私は彼よりもっと長生きしたいと思っている。
死ぬのはもったいない。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
.
私も絵画が好きです。美術館やギャラリー巡りをよくします。
ゴッホ、モーツアルト、セ−クスピア、ゲーテ、ヘミングウェイ、アインシュタインは双極性障害だったと聞いた事が有ります。芸術や天才に双極性の人が何故か多いとも聞いています。
それだけ感情の激しさが素晴らしい芸術や法則に気づくのかもしれませんね・・・・・?

私の独断的な判断ですが、人類の長い歴史の中で、自然の厳しさと対峙する為には、休息と活動的な事が必要だったのでは無いかと思っています。
その遺伝子が、我々子孫に引き継がれ、都会文明と相容れなく成り、双極性障害として現れているだけだと自負しています(笑)。

今の都会文明が生まれたのは、今から1万年前位前のチグリスユーフラテスの大森林地帯の川沿いで始まったと思います。その森林を切り、灌漑用水を引き農業を始めた結果、中近東が砂漠化して行った経緯が有ります。
今、何故、中近東で石油が取れるかはその辺りに大きな木々の森が有った事を物語っています。
その森林を切り取ってしまった民が、ユダヤ、イスラム、キリストの祖先です。

私は、世界史が大嫌いです。学校で習う世界史は、上記の事には全く触れません。羊飼いのモーゼから始まり文明がどんどん発展したかの様に記述されていますが、自然をないがしろにした民の歴史を世界史と言っている様に思えて仕方有りません。
Posted by tom jerry at 2010年11月25日 22:49
こんばんは
芸術の秋ですね

ゴッホや川端康成など多くの芸術 文学家が双極性障害者であったようですね

あの躁状態での神がかりな閃きは病気のなせる技

残念ながら自殺でお亡くなりになられる方が多いのが残念です
Posted by フウラン at 2010年11月25日 22:58
tom jerryさん

コメントありがとうございます。

私は世界史が好きでした。
というのも、高校の世界史教師が型破りな人で
おそらくそういった裏の世界も教えてくれていたのでは?
細かいことはあまり記憶には残っていませんが。

双極性障害は、人類が生きていく上で
必要かつ、ある時代には適応できていた人たちだったと思います。
やる時はやる、みたいな。
戦の時代などにも活躍したのではないでしょうか。
(〈軽〉躁で 笑)
Posted by きらきらちょうちょ at 2010年11月27日 13:19
フウランさん

コメントありがとうございます。

歴史上の人物や芸術家に沢山いますよね。
現代にも才能を生かした人がいるように思います。

そういう生き方ができたら素敵ですね。
それで疲れたら休んで、長生きできたら。
Posted by きらきらちょうちょ at 2010年11月27日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。