2011年10月25日

セカンドステージ

先ほどボスと話していて
組織での自分の役割は何かと問うたところ、この答えだった。

「休まないこと。それをPriorityにしてください。」
「自己コントロールを何とか見つけて。
 プレッシャーをかけるようだけど、
 管理者的にはいつでも休んでいいとは言えない。」

H診療所での診療を休まず行うこと。
研修医の相談に乗ること。

それだけでよい。
それが私の仕事。



折しも、つい先日の土曜日の受診の際
主治医とこんな会話をしたばかりだった。



最近もうつで診療所を休むことがあったのだが
このうつは前回に続き、とても軽かった。
体のほうはだるいが、精神的にはとても楽で
希死念慮もなく、1日中寝ているとはいえ楽に過ごせた。

「こんなに軽くて休んでしまうのが申し訳なかったのですけど・・・
 そのうちなんとか休まずにいられるようにならないかなと期待します。」
こう言う私に、主治医は答えた。

「休んでもよいときには休んだらよいです。
 休めない仕事ぶりになったら休まないようにすれば。
 そのうち休めないようなポジションに立たされて、
 なんだかんだとごまかしながらやっていくようになりますよ。」




このわずか3日後、ボスからの「休まないで」との言葉。
そろそろそういう時期が来たということか。

武者震いがする。
セカンドステージに向けて、頑張ろう。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 18:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

試しにしばらく

20時半になったらネットOFF
21時半になったら入浴

という目標をたててみる。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目標

ネットの時間が長いと寝つきが悪くなる。
寝る直前までネットをしていると明らかに寝つきが悪くなる。

早朝覚醒すると翌朝眠い。
睡眠時間が十分でないと調子が悪くなる。

ネットをしないこと。
早く寝ること。


就寝時間は目標23時にしていたけど、22時くらいがいいのかもしれない。

主治医曰く「“努力”目標で」とのこと。
なるべく努力をしよう。
良くなるためには、何だってする。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

満足した

今日は所属する教育グループ内での定期勉強会の日だった。
私が主体となりあるテーマでワークショップを行った。
今まで学会などで何回も行ってきたワークショップだ。

このワークショップの際には、いつもS先輩に手伝いをお願いしていた。
今日もそのためにわざわざ東京へお越しいただいた。

私はもう何度も行ってきたこのワークショップを
今回で区切りをつけ、一度内容を見直そうと思っていた。
今日はそういう意味で最後の締めの回だった。

ワークショップはまずまず上手くいった。
その後の懇親会も楽しく過ごした。
(アルコールは控えめに!笑)
自分の病気のこともいつものように話題にした。
皆、特別どうといったことはないように聞いてくれていた。

今のグループで良き上司、同僚、後輩に恵まれ
のびのびとやっていることを幸せに思った。
私が今こうしている姿を見て、S先輩も安心したことだろう。


今日は満足した。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

1周年

そういえば今日は転職し東京で仕事を初めてちょうど1年になる日だ。
いろいろあったけど、それなりに頑張ってきたのではないか。
まだまだ課題は多いが、実りある1年だった。
後半は、震災という自然現象の影響を大いに受けた年でもあった。

また1年1年、がんばっていこう。


さて、そろそろネット使用は終わりにして寝る準備に入らねば。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 21:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドグマ

休学が決まってものすごく気が楽だ。
仕事だけしていればよいのだから。
昨日今日と過ごしやすい。

とはいえ、学習コースで課題とされていた診療所の質改善プロジェクトは
そのまま続けるつもりだ。
ただ患者を流しているだけの毎日より、実のあるものになろう。

そもそも、「やらされてやる」より「やりたいからやる」のほうが私は良いのだ。
そう思っていたら、先日亡くなったジョブズの例の有名な講演の一節にこうあった。
※全文は以下参照
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A88889DE1E7E6E7E7E4E4E2E2EAE3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2E6E0E2E3E3E0E4E1E3


ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。


そうしたら、以前神田橋條治先生からいただいたこの言葉も思い出した。


多方面に目を向けなさい
たくさんののびやかなものを持ちなさい
Flexibilityを大切に
教条にはまらないように
いのちを行き来させてのびのびとやることで
それがあなたの治療にもなる
注)教条=ドグマ


そうだ。
内海先生もおっしゃるように、インクルデンツは駄目なのだ。
窮屈なのは苦手なのだ。

注)
インクルデンツ:
慣れ親しんだ秩序空間が硬化し、制約的なものとなり、閉じ込められた状況
双極性障害ではつねに現状を乗り越えていこうとする傾向が顕著に認められ、
逼塞し停滞した状況を忌避する
(“黄本”より)


・・・のびのびと生きよう。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の一文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

休学決定

昨日、記事に書いたように分析をしてみて
・Facebook(以下FBと省略)をしない
・ネットをしない
・早く寝る
などの対応策を考えた。

そのうえで、ネックになることがあった。



私はボスの勧めに従い、今年度から2年間の
とある専門医療学習コースに参加していた。
そのカリキュラムでは、いくつかのテーマを軸に課題があり
全国から医師が集い、時には土日にリアルに集まり学習会を開くものの
通常はインターネット上でのやりとりがメインだった。
毎週のようにSkype会議が開かれ、議論がなされる。
課題の発表会がある。
参加医師は皆多忙なため、Skype会議の開催は夜22時以降になることが多い。
また、課題の連絡や議論を交わすもFBが主体だった。



話はそれるが
そもそも、私の仲間の医師は真面目な人間が多い。
FBも皆、勉強のために登録している。
ヴァーチャル医局として、悩んだ患者や経験して良かった例などを
日々皆に相談しディスカッションする場として使っている。

水島広子先生の著書を読んだ私は、このFB利用こそ
夜遅くまでネットを使い、チャットをし、頭の冴える、
病状には問題のある行為だと感じ、早々に止めることにした。
これは非常に効果的で、FB利用停止後は最近では久しぶりに安定することができた。
就寝時間は早くなり、中途覚醒の回数も減った。

とはいえ、所属するグループの事務的連絡手段および
上記の学習コースでの利用のために、FB退会はできなかったのだ。



今回のうつを受け、改めてFBの利用を避けた方がよいことや
Skype会議が夜遅くに行われるための就寝時間の遅れについて問題に感じ
今日ボスに相談してみた。

いろいろ話し合った結果出た結論がこうだ。

「休学しましょう」


この学習コースに参加するうえで、FB利用やSkype会議は避けられない。
また、週末人に会ったり刺激を受けることだけでもリズムは乱れる。
週末刺激を受けた分、平日は早く寝ることが必要だ。

これらを改善するために、やはり休学がよいのでは、ということになった。

しかし、この病との付き合いは、数年で終わるわけではない。
一生のことだ。
つまり、何年経ったら復学できる、という類のものではないのだ。

その旨を伝えたところ、ボスはこうポツリ。

「まあ、いいんじゃね?これやんなきゃ死ぬわけじゃないし」


こういうわけで、休学決定となった。

残念な気分半分、ホッとした気分半分、というところか。
正直、こういう強制力を持ったグループに所属することで
勉強させられる面はもちろん得るものも大きかった。
だが一方で、せっかく調子が維持しているところを
課題だ、Skype会議だ、FBだ、で乱されるのは嫌だった。


まあ、これで良かったのではないかな。

・・・死ぬわけじゃないし。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

今回の一連のまとめ

今回は1カ月ぶりに結局うつだった。

反省はしてはいけないとの神田橋先生の教えだが、敢えて振り返ってみる。


6日の友人との美術館鑑賞、食事の後二日酔いし、そのままうつへなだれ込んで
7日、8日とうつで寝込んでいたのだが
ここにはいろいろと注目すべき点がある。

・友人との食事を、今回は私がお店を調べるということで、連日ネットで(少しだけ)夜更かしが続いた
・そうこうしているうちに歩けない、歩かないでtaxi通勤が5日、6日と2日連続(=うつのサイン)
・飲み会当日(←本当は早く帰りたい)、看護師の働きの悪さにイライラしていた(=不調のサイン)
・友人との待ち合わせ時間があるにも関わらず眠くて昼寝し遅刻(=うつのサイン)
・美術館で気分が高揚(=軽躁の引き金?)
・気分が高揚した後調子に乗って飲酒(→さらに軽躁へ)
・二日酔いが本物のうつへ移行



ここから学ぶべきは

・ネットはよほど注意して行う
・夜更かし厳禁、23時台に必ず寝る
・飲酒に注意、過度の飲酒は精神の不安定に繋がる
・人との交流、芸術鑑賞などは良くも悪くも気分に影響する


まあ、当面は早く寝ることに努めよう。
人との交流や芸術鑑賞を止めてしまっては
何のために生きているのかわからなくなるので止める気はさらさらないが
そういう刺激があるときほど早く寝よう。
(というのは水島広子先生の教えそのまんま)


といろいろと分析しつつ、忘れてはならないのが
今日知人からいわれた大切な神田橋先生のあの言葉。


「気分屋的に生きれば気分は安定する」



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

抜けたっ!

先ほど、突如うつから抜けた模様。
頭がすっきりして、体が動く。

メキメキと家事をやり始めた。
さっきまでとの、この違い!笑


明日明後日の予定を練り直そう。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏が先か卵が先か

昨日は二日酔いですっかり寝込んでしまった。

と思ったら、そのままうつに移行したのか
それとも最初からうつだったのか。
昨日の夜になっても気分は優れず
さらに今日になっても調子は悪いまま。
事前登録してあった勉強会とその後の懇親会は休んだ。
結局何もできず一日中寝ていた。

そもそも最初からうつだったのか、それとも
寝込んでしまったため刺激が少なくて(←水島広子先生による)
それでうつになってしまったのか。

鶏が先か卵が先かわからないが
とにかく今日の私はうつのようだ。

久しぶりのうつだ。
でも気持ちの良いものではない。
家事ができず困っている。
事前登録(有料)していた勉強会の金額を考えては落ち込む。

明日も勉強会の2日目なのだが、出られるだろうか。
いっそ実家に帰って、絵画教室に行った方が
精神の健康にはよい気がする。

ともかく今日は使い物にならない。
残念ながら、「休め」のサインのようだ。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

うつと二日酔い

以前東京女子医大の坂元薫先生(←男性)の講演を聞いて
「うつの症状は、二日酔いのあの
 頭が重くて体も動かなくてのどまでおえーっと上がってきて
 なんともならない、あの感じが、酒も飲んでいないのに毎日起こること」
という説明に、とても納得したものだ。
二日酔いに例えられるのはちょっとイメージが悪くなるかもしれないが
とにかくあの全身だるくて動けなくて吐きそうで何もできないあの感じが
上手く表現できていると思った。
そんなものが毎朝来ては、当然仕事もできない。
やる気も起きず、寝ているしかできない。
(幸い私のうつは1日半くらいで治まるので、2日ほど休めば凌げるのだが)

今朝の私は、うつではなく、二日酔いのほうだった。
昨日友人と飲みに行き、久しぶりに飲み過ぎてしまった。
坂本先生の話を思い出して
「ああ、うつとまるで一緒!」としみじみ思った。
ただ、うつの症状は、身体面での症状(二日酔いで例えられる)以外に
希死念慮、罪悪感、将来への希望が持てない、など
精神面での症状もある。
こちらは二日酔いには全くないもの。


とにかく、今日は1日しんどい日だった。
ようやく回復してきたところ。
やれやれ。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

職場のストレス

精神疾患の原因のひとつとしてよく挙げられるのはストレスだ。
中でも、人間関係、それも職場のストレスが多い。


はて、と考えてみて
今の職場にストレスを感じるかと問われれば
「『ない』と答えるのは嘘になる」と思いかけて
「いや、『ない』と答えることこそ嘘になるな」と思った。

確かに今の職場には
何かと噛みついてくる事務長、
万年少女のようで思ったことはすぐ口に出す師長、
学習障害と思われるほど仕事ができない看護師、
物分かりの悪い、何度尋ねても適切な返答がない放射線技師、等々
個性的で困った面もある人がたくさんいる。
でも基本皆善い人だ。

私の病気のことを真に理解しているわけではないが
「あら大変ね〜」とのんびり構えてくれている。
なんだかんだと居心地がよく、安心していられるのだ。

「職場のストレス」といったら、ないに等しい。
大学病院での勤務時代を思ったら、驚くほど平和だ。

もちろん、鶏が先か卵が先かで
私の病状が改善したから、以前のようなストレスを感じなくなったのかもしれない。

いずれにせよ、なんとありがたいこと。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

どん底

昨日大雑把に過去を振り返ってみたが
2008年には何も出来事を書いていない。
この年が一番辛かった時期と思われる。
発病後休職を許されなかった状況で大学病院に引き戻され
死にもの狂いの毎日を送っていた。
(一般に、医師にとって大学病院は最も働きたくない、働きにくい場所)

あれはあれで、私にとっては間違いない、人生の底をみた経験だった。



先日S先輩と飲んだ時、S先輩からしみじみと言われた。
今のI先生(私)にはセルフ・エスティーム(自己肯定感)がある、と。
この自分を受け容れている、
以前のI先生は“不幸な自分”が基本だったが
今は“幸せな自分”が基本にある、と。

「どん底をみた人が、ここまで浮上してきたんだね」




私は先日37歳になった。
これからも長生きするつもりだ。

どん底の日々も、長い人生にはあってもよいのかもしれない。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

4周年

双極2型歴が長くなると、段々自分の病歴がわからなくなる。

11月は記念すべき月だ。
初めて主治医のところを訪れたのは11月6日。
私のバイポーラ手帳はその日付から始まっている。

2007年から始まる4冊の手帳は、私の宝物だな。
一生手元に置くよ。


ちなみに主治医に初めて出会ったのは1999年1月12日。
大学4年の授業でのこと。


以下覚書。
こうやって俯瞰した記録を作りたい。


2007年4月 I病院勤務
2007年6月29日 発病
2007年11月6日 初診
2008年4月 大学病院勤務
2009年7月 AERA取材
2009年6月28日〜秋 →2度の中断を経て12月和解
2009年10月 パターン逆転
2009年11月9日 「いなくならない」
2009年11月13日 PZC&トリプタノール
2009年12月13日 俊太郎さん
2010年3月1日 転職話勃発
2010年3月7日 神田橋先生勉強会→デパケンに変更
2010年10月 現職場勤務
2011年4月28日〜29日 テグレトール事件



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み明け

夏休み明けの1日が無事済んだ。
むしろ、元気だった。
イキイキと仕事ができた。

旅行に行く前から
「遊んできた挙句その後うつで寝込むなんてことだけは避けたい」
としみじみ思っていたから、ほっとした。
意識的に早く寝るようにしたのもよいのだろう。

思えばこの1か月、うつが来ていない。
ラピッドサイクラーの私であるうえ、今の職場は気楽に休めるからか
ここ数か月は月に数回のペースでうつが来ていた。

とはいえ最後のうつは軽かった。
身体面でこそしんどかったが、精神面は楽だった。
希死念慮もなかった。

このままの状態でずっといてくれないかな・・・と思いつつ
まあいいや、いざうつが来たら休めば、とも思っている。
そう思える今の環境に感謝しながら。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰国後

パリ旅行から帰ってきた。

帰ってきた翌日はさっそく主治医受診のため新幹線で移動。
その翌日はどうしても出なくてはいけない勉強会があり東京へトンボ帰り。
ゆっくり旅の疲れをとる間もない。


夏休み思う存分遊んだ反動で、その後仕事に戻って
うつになったらどうしよう(スタッフに顔向けできない!)と心配していたものの
今朝起きた段階でも気分は上々。
午前中の仕事も楽にこなしほっとした。


ここ数か月、「良くなることはなんでもしよう」
と思って以来、明らかに調子は良いのに加え
私にとっては忙しくしているほうが調子が良い。
むしろだらだら寝て過ごす週末後うつになっているくらいだ。


このままの調子でいってくれることを望む。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。