2011年09月20日

夢遊病者?

実は、いろいろ工夫をした結果、寝付きがとても良くなった。
それだけでもとても過ごしやすくありがたい。

一方で、中途・早朝覚醒はまだ続いている。
夜中にだいたい3回くらい起きる。

さらにタチが悪いと、目を覚ました後起きだしてしまう。
そして何をするかというと、なんと素麺を茹でて食べるのだ。
さらにパソコンをいじったりする。

ところが、とても眠い中それらをしていて、
その後寝なおして起きた翌朝、自分のしたことをよく覚えていない。
台所を見ると素麺を食べた形跡があるし
mixiの壁紙が変わっていたり、覚えのないアプリが登録されていたり
全く記憶にないコメントを書いていたりする。
まるで夢遊病者のようだ。
困ったものだ。
(火の始末は大丈夫か、少し心配だ。)

目が覚めても素直に寝なおせばいいのに
中途覚醒が悔しいようで、起きだしてしまう。

一度も目覚めず朝を迎えていた頃が心底懐かしい。
いつかそういう日が来るのを待ちわびている。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 22:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行の準備は楽しいなあ

今週末から遅い夏休み。
例年通り海外で過ごす予定。

今年は7回目となるパリへ。
もうすっかり慣れ親しんで、リラックスできる街。
この1年は変化の大きい年で、さすがに疲れたので
何も考えず気ままにぼーっと過ごせる行き先を選んだ。


昨日から準備を始めている。
洋服を選んだり、こまごましたものを百均へ買いに出かけたり。


旅行の準備は楽しい。
旅行は好きだ。
退屈しない。


考えてみたら、私の人生もそんなようなものか。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

S先輩と飲み

夕べは久しぶりにS先輩と飲みに行った。
実家近くの絵画教室に行った後、大急ぎで東京にトンボ帰りして。
(本当にいつも分刻み人生 笑)

神楽坂のスペインバルは美味しかった。
二軒目のブルターニュ地方のガレットも素敵だった。


飲みながら、ここ数カ月の変化をS先輩に報告した。
水島広子先生の著書との出会い、トラウマや摂食障害との折り合い、
親子関係、職場でのこと、キラキラヒカル人とのこと。
何より、前を向いていこうと思っていること。
「これでいいんだ」と思えていること。


「セルフ・エスティームが高まったね」S先輩は言った。
本当に自分を受け容れることができるようになったのだね、
以前のI先生(私)は“不幸”が前提だったけど
ようやく“幸せ”を前提に話ができるようになったね、と。

自殺については
「『死にたい』と思う気持ちはうつの症状だから、インフルエンザの患者に
 熱を出すなと言っても無理なのと同じように、希死念慮を消すことはできないけど
 インフルエンザ患者が外をほっつき歩かないようにするのと同じように、私も
 死なない努力を最大限することはできる、しようと思う」と話した。
そうしたらS先輩はぽつんと一言
「立派だね・・・」


会話の最後は、S先輩からのこんな言葉でしめられた。
「I先生は会うたびにいつも新しい姿を見せてくれるね」



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

早朝覚醒

3時から目が覚めて以降眠れない。


震災後、寝付きがとても悪くなり中途覚醒が毎日3回くらい起こるようになった。
けっこうつらい。

ところが寝付きの方は、ここ2週間くらい
とある工夫が功を奏して、不思議と良くなった。
寝る前におもむろに、表参道ヒルズのチラシ(ちょっとした冊子になっている)を
ペラペラ眺めるようにしていたら、なんとすっと眠入れるようになったのだった。
主治医も「そんな人は初めて聞いた」と驚いていた。
なぜだか理由はわからない。
ともかくありがたかった。

しかし中途覚醒はまだ治らない。
だいたい1晩で3回は起きる。

今日のように目が覚めた後眠れないときは、やや軽躁なのだ。
今日はおそらく、明日朝一番に行く鍼灸院のことが気になっているのだ。


・・・遠足前の小学生みたい。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

コメントのお返事書きました

コメントをいただいてから随分たったものもありますが
全てお返事を書かせていただきました。
よろしければお読みください。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

後遺症

軽躁を鎮めるためにしたテグレトールのODがもとで負った大怪我から
4か月半が過ぎた。
(事故の詳細は↓)
http://bp2.seesaa.net/article/198569389.html
http://bp2.seesaa.net/article/198569389.html


いまだに首が相当痛い。
頭部を何回も執拗に強打したことによる、むちうちのような状態だ。
痛くて可動域制限がある(首を回すことができない)。

自己診断で神経や骨には異常はないと考え
そのうち治るだろうと暢気に構えてほかっていたのだが
さすがにこんなに長い時間経っても一向に治らないので困った。
特に今週に入って悪化し、かなり辛いので
とうとう受診を考えている。
知人医師にも相談し、お勧めの鍼灸院へ行こうかと思っている。


折れた前歯は、すぐに歯科に行き治療をしたにも関わらず
痛みだけずっと残っている。
歯科医も原因がわからず困っているそうだ。


持続する痛みは、何かの象徴だろうか。

新たな治療者との出会いが、楽しみでもある。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 11:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

意識して努力する

最近“努力する”ということを始めた。


今心がけているのは
・早く寝る
・昼食を診療所スタッフと一緒にとる
・歩く
ということ。


夜はもともと24時頃に寝ていたのでそう遅くはないのだが
先日軽躁対策として主治医から
「あと1時間早く寝てください」と言われ
その通りさらに1時間早い22時に寝たところ、軽躁がピタリと治まった。
どうやら早く寝ると調子が良さそうだ。


昼食は、摂食障害の本を読み、自己を省みたことがきっかけ。

歩くのは、運動のためボスに勧められた“履いているだけでトレーニングになる靴”を購入し
結構なお値段がするので、せっかくならと歩いて通勤することとした。


意識的に努力するようになったのはそれなりの経過がある。
水島先生の著書を読み、「社会リズム療法」というものを知って
「とにかくやれることならなんでもやってみよう」
と思ったのがきっかけだ。
そのためフェイスブックもやめた。

対人関係療法を知り、ボスに今までの病状、現在の気持ちなどを打ち明けた。
今後さらによくなるためには必要なことと思った。

今できることは何だろうと思いを巡らせた。


3週間後の主治医受診のときその話をしたところ、非常に評価された。
「自助の姿勢が良い」と。
「これからも私が伴走することに変わりはないけれど、3週間間隔で行きましょう」
と、次回受診までの期間も延びた。
(今までは2〜3週間間隔と、その他の予定を優先し不定期だった)


病状改善のためにいろいろ学び試すのは今までもしてきたことだが、
“努力しよう”と思ったのは初めてのこと。
より能動的に良くなろうと思うようになったのだった。


「死んではいけない」とも強く思うようになった。
先日医学雑誌の原稿執筆で自殺の問題を扱った際
改めて自殺について学習したところ、
自分は非常に自殺リスクの高い人間だと初めて認識し愕然とした。
これはよっぽど注意しないといけない。
死にたくなるのはうつの症状で、例えて言えば
インフルエンザに罹った人が発熱するようなものなので、
うつ病者に「死にたいと思うな」と言うのは無理な話だが、
インフルエンザ患者が薄着で外出することを控えるように
うつ病者も自分で死なない努力をすることはできる。
そう思った。



良くなるためなら、なんだってやってやろう。

諦めない。
前を向いていこう。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 12:36| Comment(7) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

一言だけ

水島広子先生の著書との出会いは、最近の私に大きな変化をもたらしました。

双極2型障害の人はぜひ読んでくださると良いと思います。



対人関係療法をより理解するために、合わせてこれもお勧めします。




さらに、摂食障害、トラウマ、思春期の問題、怒りの要素を抱えた人は
それぞれ以下も読むことをお勧めします。
生きるヒントがもらえます。

水島先生の著書はどれも平易な言葉で書かれていて、本当にすぐ読めます。











ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 21:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 読んできた本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ

この1か月半ほど、いろいろ変化があります。

良いと思うことは何でも試してみようと思ってやっています。
睡眠、うつ、希死念慮、体重、親子関係など
改善した面がさまざまありました。
まずまず幸せです。


良いと思うことのひとつに
「なるべくパソコンから離れる」というのがあります。
なので自然とブログの更新もしないままになっています。

良いことはできたら皆さまにお伝えしたらよいと思うのですが
無理はせず、思うままにあるがままに行こうと思っています。

また時期が来たらそんなことも書くかもしれません。
今はあまりそんな気が起こらないので
もし更新を楽しみにしている方がいらっしゃったら申し訳ありませんが
そんなわけでよろしくお願いいたします。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。