2010年12月06日

お歳暮

先日、お世話になっている数人にお歳暮を送る手配をしてきた。
その際父親が、「○○先生(主治医)には送らないのか?」と聞いてきた。

私は主治医にお歳暮を贈るつもりはない。
医師患者関係を考えた時、不自然に感じる。

私は医者でもあるわけだが、仮に自分の患者からお歳暮を頂いたら
とても違和感を感じるだろう。
断り切れず頂いたところでとても居心地が悪いと思う。

最初の年など、年賀状すら書かなかった。
医師患者関係と私人としての付き合いとは線引きをしたかった。
初めのころ主治医とは私にとって雲上人で、
主治医に私と同じ高さに降りてきてもらってはいけなかったのだ。


こんな主治医との関係も、年月とともに徐々に変化していき
途中からは一緒に飲みに行く仲となった。
時には旅行のお土産などを差し上げることもある。
そうなるまでにはいろいろあった。
(そのあたりは過去の闘病記を途中から
 全然書かなくなってしまったので、一切触れておらず申し訳ない)


とはいえ、両親は何かしらお礼の気持ちを表したいらしい。
今日は父親から連絡があり、ヒラメのよいものが釣れたので
ぜひ主治医に送りたいとのこと(注:父親の趣味は釣り)。

これはきっと主治医も喜ぶと思う。
ありがたくお願いした。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希死念慮続き

どうやら先週のうつが終わってからも、希死念慮がまだ続いているように思う。
うっすら紙一枚、底の方に横たわっている感じだ。

これには時期的なことも関係するのかもしれない。
街のイルミネーションを見ると、孤独感を感じずにはいられない。
この賑わいは誰かと一緒に過ごすことのできる人たち
(すなわちカップルか家族連れ)のためにあると感じ、とても淋しく思う。


主治医の“自殺予防スペシャル”は、ピーゼットシーとトリプタノールである。
もう少しこんな気分が続くようなら、増量しようかな。

などと考える、この時期。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい仕事をするには

主治医の言葉に、こうある。

「マルクスによると、いい仕事をするための条件は
 若いこと、貧乏であること、有名にならないこと、の3つ」


まだまだ若いはず。
医者という仕事のわりに収入はよくない。
たいして名前も知られていないつもり。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。