2010年12月03日

理解がある

週1回仕事をしている診療所のA医師が、私の病状に対しとても理解がある。

新しい職場になってから2度うつになっているが
回復した後その都度一緒に昼食を食べながら、いろいろ話をした。

どうやらA医師は必要に迫られ、自分でも
精神科領域のことを勉強していたらしい。
しかし百聞は一見に如かずとはこのことで、
書物で読んだ知識以上に、体験者(=私)の話は興味深いとのこと。
次から次へと熱心に尋ねてくる。
そして理解が早い。


私は双極性障害でも、ラピッドサイクラーのうえ、うつ期も短い。
何の前触れもなく突然やってきて、突然去っていく。
この、前兆がなく、しかも去ったら一気に良くなる、というのは
通常とは違うパターンゆえ、わかりにくいし対処もしにくいらしい。
(徐々に調子が悪くなるほうが、周囲が気づきやすく対処もしやすい)

しかしA医師はそんなこともすぐさま理解したようだ。

今回私の調子が悪いと聞き、「そうか、来たか」と構えて
さっさと私の担当の仕事を片付けるスケジュールを組んでいた。
その早さといったら見事だ。
しかし私のうつは2日で晴れてしまった。
ならば、と、受け入れもスムーズで、予定通り仕事をさせてもらった。


「うちのスタッフには、○先生(私)のことは
 『喘息患者と同じようなものだから』と説明しといたよ」
と。
なるほど、喘息患者も発作が来たら数日はしんどくて働けないが
発作が治まれば元通りだ。
なんてわかりやすい例えだろう。


何よりも、私が自分の気持ちや体験など説明するにつけ
「なるほどなァ、経験してみなきゃわかんねぇよなァ」
「いやあ、勉強になるよ」
「こういっちゃあれだけどさ、先生(私)いい経験してるよ」
(↑完全な江戸っ子)
と頷く姿勢がとても見ていて面白い。
私を評価してくれているのだ。

ありがたい上司に巡り合えたものである。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村


posted by きらきらちょうちょ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休職

今日は勉強会の後簡単な忘年会があったのだが
ここ数年(暗にメンタルの)調子が悪くて、という話をしたら
「○○先生は1年目に休職したよね」「あ、私も」「実は私も・・・」
と、その場に居合わせた人がみな、口々にそう言いだした。
同テーブルの私以外の3人とも、数週間から数カ月休職していたのだった。
しかも驚いたことになんとボスまでが、わりと最近になって休職していた。
どの人も明らかな病名がつくような疾患だったわけではなさそうだが
そんなに休職者が多いのなら、結局休職せずに乗り切ってしまった私って
けっこう頑張った方じゃん、などと妙にホッとしてしまった。


ちなみにボスは休職の2週間の間、ひたすら寝るか漫画を読んでいたそうだ。
全巻読み終わる頃に、道が開けたとのこと。
ふーん。



ランキングに参加しています
クリックをお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
posted by きらきらちょうちょ at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。